TESS(テス)リフト

切らないリフトアップ
世界初のプレミアム3Dメッシュで自然にしっかり引き上げ

TESSLIFT(テスリフト)とは

TESSLIFT(テスリフト)に使用する糸

TESSLIFTは“スレッドリフト”と呼ばれるリフトアップ術の一つで、特殊な糸を皮下に入れることで切らずに顔のたるみを改善する施術です。糸は吸収されるため体内に残らず安心です。糸が吸収される過程でコラーゲンやエラスチンの増生と脂肪組織減少も伴うため、リフトアップと同時に美肌・小顔効果が期待できます。

TESSLIFT(テスリフト)の特徴

バーブ(トゲ状の突起)の周りを3Dメッシュが覆う特殊な形状の糸を皮下組織に入れてリフトアップをおこないます。バーブが皮下組織をしっかり掴み3Dメッシュ周りの組織が入り込み、従来よりもホールド力に優れ、長期間リフトアップをキープできます。

  • 手術の縫合糸で使われるPDO(ポリジオキサノン)を使用しおよそ1年で吸収されます。体内に異物が残らないため安全性が高いです。
  • PDOはコラーゲンやエラスチンを増生するためリフトアップ効果に加え引き締まりや肌のハリを改善する効果も見込めます。
  • 切らない施術のため、ダウンタイムを短くすることができます。
  • 局所麻酔のみで施術可能ですが、静脈麻酔を併用して眠っている間に施術することもできます。

効果を最大限に、ZIG-ZAGテクニック

ZIG-ZAGテクニックを用いることで吊り上げる力が分散されるため強力なリフトアップをしながら、つっぱり感や痛みなどの不快感を軽減させます。通常のスレッドリフトでは糸を挿入してから余った糸は切ってしまいますがTESSLIFTは切らずに折り返して全て皮下に挿入します。そのため、コラーゲンやエラスチンの増生がより多く、効果を最大限に発揮できます。

お悩みに合わせたコンビネーション治療

お悩みに合わせたコンビネーション治療

たるみの程度、筋肉の付着部位、筋肉の動かし方、脂肪や骨格、皮膚の厚さなどは一人ひとり異なります。たるみの原因は一つではなく、さまざまな要因が組み合わさった結果です。
一人ひとりのお顔に合わせた治療をご提案します。

骨や筋肉が痩せてくると、深いシワや凹みやたるみが気になってきます。スレッドリフトのみでは痩せた組織分を補うことはできないため、ヒアルロン酸注入とのコンビネーション治療がおすすめです。
その他にも、神戸アカデミアクリニックではお悩みに合わせて最適なコンビネーション治療をご提案します。

施術時間 30-40分程度
メイク 翌日から可能です。糸刺入部には肌色のテープを貼ります。
洗顔は翌日から可能です。
ダウンタイム 痛み・むくみ・腫れ・内出血の可能性があります。1-2週間続くこともありますが、徐々に落ち着きます。また、しばらくの間はつっぱり感(特に口を開けたとき)、違和感、糸部分の凹みなどの症状が見られる場合がありますが、徐々に改善されます。