ドクター施術一番人気 ヒアルロン酸注入

日本形成外科学会専門医の院長自らが行う確かな注入治療

アカデミアクリニックのヒアルロン酸注入の特徴

1. 実績があり信頼できる専門医が担当します

日本形成外科学会専門医の院長自らが行う確かな注入治療

ヒアルロン酸注入は医師の経験と技術、センスを必要とする治療です。 注入技術により、得られる結果と満足度に大きく違いがあります。お顔の骨、筋肉、脂肪、皮膚がどのような状態か判断し、適切な層に注入することが重要です。適切な層に注入すれば最小限の量で最大限の効果を発揮できます。お顔の整容的・機能的治療に携わる形成外科医が得意とする領域です。多くの手術実績と知見を積んだ日本形成外科学会専門医が担当し、患者様のお顔全体のバランスを見極め、 最大の効果を常に意識し治療を行っています。

2. 自然な仕上がりへのこだわり

ヒアルロン酸治療の自然な仕上がりへのこだわり

手軽に受けられる治療だからこそ“こだわり”があります。

ほうれい線が気になるから、ほうれい線にヒアルロン酸を注入する、それだけでいいのでしょうか?ほうれい線が気になるのは、ほうれい線が凹んだからという1つの原因からではなく、様々な要因が重なった結果です。当クリニックではほうれい線が気になる方には別部位にも注入することが多いです。そうすることで、直接ほうれい線だけに注入するより少ない量で自然に改善できます。お顔全体を診てバランスを整えることが大切です。患者様の状態に合わせて、年齢がいくつであっても、 立体的でたるみのない美人の曲線、ラインが際立つようにトータルに若返り治療を行います。

3. 高品質なヒアルロン酸のみ取り扱っています

他の美容クリニックと比べて取り扱っているヒアルロン酸は少ないですが、安全性を第一に考えて国内で承認を受けた製品を主に取り扱っています。その中から患者様にとって効果的なものを選択し注入していきます。どの製剤を使用するか、ボリュームアップに適した硬めのヒアルロン酸、シワ・ほうれい線・涙袋などに効果のある柔らかめのヒアルロン酸など、患者様のお悩みに合ったヒアルロン酸を適材適所に使い分けております。

4. 短時間で、即効性&効果抜群

即効性のあるヒアルロン酸注入は、すぐに効果を実感でき、簡単に若々しさを実現できます。また、手術やレーザー治療などでは足りなくなった組織を補うことはできません。足りなくなった組織を補うのはヒアルロン酸の役割です。ヒアルロン酸注入は手術を考えている方にも美肌になりたい方にも、皆様に必須のエイジングケアと言えるでしょう。初めての方でも手軽に受けられる人気の若返り治療です。

5. 痛み、内出血を最小限に

当院では注入する際、痛みを軽減するために最も細い34G針を使ったり、先端が丸い針を使い内出血のリスクを軽減するようにしています。

6. 複合治療による立体的アプローチ

厚生労働省の認可を受けた『ヒアルロン酸注入法:ジュビダーム®ビスタ』と『ボトックス注入法:ボトックスビスタ®』。
2つの美容治療を組み合わせることによって、顔全体のしわやたるみを最大限に改善し、自然な仕上がりを目指す新しい治療法です。 お顔の老化のメカニズムに着目した治療法で、手軽にお顔全体の若返りを図ります。

ヒアルロン酸注入で解消できるお悩み・部位

しわ・たるみ

額のしわ・ゴツゴツした男性的おでこ

  • ゴツゴツとした骨格の男性的なおでこは、ヒアルロン酸を注入することで女性らしい丸みのある額となります。

眉間のしわ

  • 表情をつくっていない時でも消えない眉間の縦ジワに注入します。
  • 気むずかしい印象をあたえる眉間のしわを改善し、優しい印象へ導きます。

目元のしわ

  • 『笑いじわ』や『カラスの足跡』と呼ばれる目尻からこめかみにかけてしわが目立ってきていませんか?
  • ヒアルロン酸を注入することで、しわの凹みを膨らませ若々しい目元を実現します。

目の下のクマ

  • 目の下にクマがあると疲れて見えたり、老けて見えたりと、マイナスの印象を与えてしまいます。
  • 目の下の凹みにヒアルロン酸を注入し、影になっているクマを解消します。

下瞼のたるみ・くぼみ

  • 目の下の凹みにヒアルロン酸を注入し、影になっているクマを解消します。
  • ヒアルロン酸を注入しお肌のハリを改善したり、目の下をふっくらとさせることで、ナチュラルに目元の印象が優しくなります。

涙袋形成

  • 下まぶたにヒアルロン酸を注入し、ふっくらとした涙袋を形成します。
  • 目元に立体感が生まれ、柔らかく愛くるしい印象になります。

こめかみのくぼみ

  • 年齢とともにこめかみの骨や筋肉が痩せてくると眉尻や目元の皮膚のサポートが弱くなり、まぶたのたるみ、目尻のしわが目立ってきます。
  • こめかみへの注入で目元がリフトアップし若々しい印象に。

フェイスラインのもたつき

  • 頬の高い場所へ注入することで頬全体をリフトアップさせ、フェイスラインをすっきりとさせることができます。

頬のたるみ

  • 頬がたるんでいたり、こけていると暗くて不健康な印象や老けた印象を与えることがあります。
  • ヒアルロン酸を注入することで、自然なボリュームがでて、ハリのある立体的で若々しいフェイスラインを得られます。

ほうれい線

  • ほうれい線は見た目を老けさせる最大の要因と言われており、年齢とともにドンドン深くなっていきます。
  • 気になる部分にヒアルロン酸を注入しリフトアップすることで、たるみが解消され、ハリがよみがえり、自然とほうれい線も目立たなくなります。

口元のしわ

  • マリオネットラインと呼ばれるシワで、老けて見られたり、不機嫌そうな表情に見られたりします。
  • このしわを改善することで口元が若々しい印象になります。

口唇のボリュームアップ

  • 薄くて平たい唇は、顔の印象が冷たく淋しげに見えてしまいます。
  • ヒアルロン酸注入で唇全体のボリュームを変えることで輪郭や色つやもハッキリし、自然にプクっと膨らんだ唇は優しくて温かい印象の顔立ちに見えます。

口唇下のくぼみ

  • 老けた印象が強くでる口周りのくぼみ。
  • ほうれい線から口唇、アゴのしぼんだ印象を改善することで、若々しい口元になります。

唇下のしわ

  • 唇下やアゴにできるしわ(梅干ししわ)があると老けた印象を与えます。
  • ヒアルロン酸を注入することで肌自体がピンと張り、若々しくやさしい感じになります。

下顎後退

  • 横顔において、鼻先とアゴ先を結ぶ線(Eライン)に唇の先が重なることが、理想的なバランスとされています。
  • 日本人では多くの方がアゴの骨格が引っ込んでおり唇がEラインより前方に出ておられます。
  • そのせいでアゴ周りの外見が貧相になり二重あごの原因にもなっています。

アカデミアクリニックだから出来る “注入法”

お一人おひとりのお顔や症状に合わせて、最適な部位に最適な量を注入し
理想のフェイスラインをつくります。

よくある注入例

注入例1

お悩み(フェイスラインのもたつき、ほうれい線、下瞼のたるみ)の注入例

<お悩み>
A.フェイスラインのもたつき
B.ほうれい線
C.下瞼のたるみ

頬の高い位置とこめかみに注入し、頬全体を持ちあげつつ、さらに、ほうれい線と下瞼(目袋)に直接注入すると顔全体が引き上がり若々しい印象に!

注入例2

お悩み(目元のエイジングサイン、ほうれい線やゴルゴラインがきになってきた。)の注入例

<お悩み>
A.目元のエイジングサイン
B.ほうれい線やゴルゴラインがきになってきた。

年齢とともに骨や筋肉がやせてくると、眉尻や目元の皮膚のサポートが弱くなり、下がり眉やまぶたのたるみ目尻のシワが目立ってきます。

A.こめかみへの注入で眉や目元がリフトアップして若々しい明るい目元に!
B.ほうれい線や目尻から頬にかけて斜めに走るミッドチークライン(いわゆるゴルゴライン)が頬への注入で改善します。

注入例3

注入例3

<お悩み>
A.涙袋を作りたい、クマが気になる
B.唇にボリュームが欲しい

小さい顎の方へのおススメ
C.鳥顔(バードフェイス)と形容されることも。アゴへの注入で丸い顔から理想の卵形に近づきます。

A.目元
B.唇
→直接注入することで、お悩みを改善します

お悩みに合わせて、ヒアルロン酸とボトックスの併用など
最適な注入法をご提案します。

お悩みに合わせて、ヒアルロン酸とボトックスの併用など 最適な注入法をご提案します。

★ ヒアルロン酸を直接注入したほうが良い部位

  • 頬のくぼみ
  • こめかみのくぼみ
  • 眉間、目尻のしわ
  • クマ、涙袋、唇、アゴ

● ビスタシェイプの注入法が適する部位

  • 頬のたるみ
  • しもぶくれ
  • フェイスライン
  • ほうれい線
  • ミッドチークライン(いわゆるゴルゴライン)

■ ボトックスとの併用が適する部位

  • 眉間の深いしわ
  • 目元の深いしわ
  • 首の横じわ

ヒアルロン酸の種類

  • ジュビダームビスタ ボリューマXC
    ジュビダームビスタ ボリューマXC
  • ジュビダームビスタ ボリフトXC
    ジュビダームビスタ ボリフトXC
  • ジュビダームビスタ ボルベラXC
    ジュビダームビスタ ボルベラXC

ジュビダームシリーズ

ジュビダームシリーズ、ボリューム減少改善部位

アラガン社製のヒアルロン酸であるジュビダームシリーズは世界中で使用されており米国FDAの認可、欧州CEマークを取得しています。
*FDA:アメリカの厚生労働省に相当する機関
 CEマーク:使用者・消費者の健康と安全および共通利益の確保を守るための条件を満たした製品のみに表記できるマーク
さらに、日本で厚生労働省による品質・有効性・安全性の厳しい審査をクリアして承認された唯一の製品です。

ジュビダームシリーズは厚生労働省に承認されているため、日本人に対する効果や副作用、製造から流通管理まで厳しくチェックされています。品質が高いのはもちろん、安全性も高いため患者様にも医師にも安心感の高い治療が可能となります。
所定の講習を受け、認定された医師のみがジュビダームシリーズを使用した治療をおこなうことができます。

さらに進化したヒアルロン酸

ジュビダームビスタ®ボリューマXC

新たなVYCROSS(バイクロス)技術によりヒアルロン酸がより密な構造となり、分解されにくくなりました。

長期持続性

  • 分解・吸収されにくいため従来製品より長く効果を維持できます。 持続期間は12ヶ月から24ヶ月です。

成形性

  • 注入直後の優れた成形性により、思い描くラインの成形を実現しやすくなります。

組織親和性

  • お顔の組織になじみやすく、自然な仕上がりに。

一人ひとりのお顔にあわせて最適なヒアルロン酸を選択します。硬いヒアルロン酸のほうがリフトアップ力や持続性は高いですが、全ての人に適しているわけではありません。骨格、筋肉の強さ、筋肉量、脂肪量、皮膚の厚さなど個人差がおおきく、不適なヒアルロン酸では不自然な仕上がりになってしまいます。どのヒアルロン酸を選択するかは医師の経験と技術が必要です。当クリニックはお顔の構造を熟知した日本形成外科学会専門医の院長が施術をおこないます。

厚生労働省の認可を受けた安心のアラガン社製「ボトックスビスタ」「ヒアルロン酸(ジュビダームビスタ)」を併用した画期的なエイジングケア治療「VISTA-Shape(ビスタシェイプ)」は こちら

※「ジュビダームビスタ®」シリーズは、国内で唯一、厚生労働省より医療機器製造販売承認を取得しているヒアルロン酸注入材です。

治療の流れ

1. カウンセリングでお悩み、仕上がりのイメージやご希望をお聞きし、治療する場所を決めます。

2. 化粧を落とし、治療箇所をマーキングし麻酔をします。

3. ヒアルロン酸を注入します。 治療は10分程度で終わります。

4. 治療終了後、すぐにご帰宅いただけます。 当日から、メイク、洗顔、入浴は可能です。

日常のケア

  • 紫外線(UVA)はしわの原因になります。
  • 曇りの日や室内でも日焼け止めを塗り、紫外線を予防することが重要です。
  • 乾燥により、角質層の水分が失われ、柔軟性や弾力が失われるとしわが出来やすくなります。
  • 室内を加湿器などで湿度を保つように心がけてください。

ヒアルロン酸注入料金

診療・施術 詳細 価格
ヒアルロン酸ボリューマ 1本 98,000円
ヒアルロン酸ボルベラ 1本 98,000円
ヒアルロン酸ボリフト 1本 98,000円
ヒアルロン酸ボラックス 1本 98,000円
ヒアルロン酸注入用注射針 1本 2,200円
ヒアルロン酸溶解ヒアルロニターゼ 1A 11,000円
ヒアルロン酸溶解ヒレネックス 1A 30,000円
ヒアルロン酸溶解ヒアルロニターゼ(他院での施術後) 1A 22,000円
ヒアルロン酸溶解ヒレネックス(他院での施術後) 1A 50,000円